古物商免許は必要? 不要?

 おそらく殆どの人が、古本屋やリサイクルショップを開業するのに古物商の免許が必要だと考えているはずです。勿論その通りではあるのですが、その中の一部には、「それらの免許を習得する為に何らかの技術や知識が必要になる。だからリサイクルショップ開業は簡単じゃない」という風なありえない誤解をしているケースが多々あります。これらは、何故古物商が許可制度になっているのかに関して十分に理解していないことに起因して起こりうる誤解なのだろうとは思います。ここではそんな古物商免許についてと、それが果たして必要なのかどうかについて紹介していこうと思います。

古物商とは?

 単純に説明すると古い物を売り買いするための仲介をする職業です。誰かから中古品を買い上げ、誰かに販売するといった業務を主にやっている商人のことを指します。またここでいう古物とは、中古品だけでなく、一度でも消費者の手に渡り、一般的な流通網から外れた物品で、古物営業法に規定されている物品のことをさすので、アウトレット品や非常に昔のものでも、一般販売店の店頭で扱われており、一度も消費者の手にわたっていないのであればこれらは古物とは言いません。

古物として扱われる意外なもの

 意外に知られていませんが、未使用の切手、乗車券類、買ったばかりで開封したばかりの新品の物も古物として扱われます。逆に例外品もあり、食品類、庭石、石灯籠、空き箱、空き缶類、金属原材料、被覆いのない古銅線類、航空機・鉄道車両・20トン以上の船舶・5トンを超える機械などは古物として扱われないとしています。

古物商が免許制な理由

 古物商の制度が作られたのは、決して物の真贋を見極める技術をはかる為だったりや、古物商としての素質があるかどうかを判断するためではありません。よって、実際免許という言われ方はしていますが、一定の指導を受けるものの、試験や資格の為の勉強は勿論必要ありません。この免許制が生まれたのは、他人の財物を不正に入手した人物が換金を行うことを、阻止する、もしくは困難にすることを目的とした制度で、それを未然に防止するために様々なルール作りを行い、店舗がそれを守ることを義務付けたものなのです。 つまり、換金を目的とした盗難事件に発展するような事案でなければ、この制度を利用する必要がないということになります。それではどのようなことが許可が必要で、どのようなことが不要なのか見て行きましょう。

許可が必要なもの

 先ほどの説明の通り、「他人から古物を購入し、それを転売する」ことや「他人から依頼を受けて古物売買の仲介をして、その所有者に対して金品を還元する」ことや、また「販売店ではない人物が、転売を目的として大量に物品を購入して、転売する」ことも古物商の許可が必要になってきます。ですので、いま巷で話題のせどりに関してはこの免許が必要になってくる可能性があります。

 逆に許可が不要な場合は「自分の持ち物を売る」「自分の為に購入したが結局使わなかったもの(新品)を売る」「他人から無償で譲り受けた物(査定0など)を売る」「他人から引取手数料を徴収して引き取ったものを売る」といった行為についてです。正直な話、前者との違いがよくわからないかもしれませんが、転売目的で購入していると判断された時に免許をもっていなかったら罰せられると認識しておくのが一番いいかもしれません。

ダフ屋は違法行為じゃないのか?

 転売目的で大量に購入し、通常の市場価値よりも高い値段で公然と売りさばくことはダフ屋行為として、立派な違法行為なのですが、何故か、古物商の免許を取るとこのダフ屋に該当するような行為を行っても違法とされないという謎な事になっています。これに関しては、公衆の面前で迷惑になる形で行った場合は違法になるとのことらしいですが、線引が非常に曖昧なのでどうなるかは国民の感情次第といった状態になっているかと思われます。

古物商免許の謎

 この古物商の免許ですがお金を払えば比較的簡単に作ることが出来るのですが、時折警察署によっては「実績が無いと困る」「実績がないと作れないよ」なとどいう頭のおかしいことを言っているところもあるそうです。許可を取らずに営業したら違法なのに、違法行為を行わなって実績を作らなくては、免許が取れないとなると本当に意味不明すぎます。しかし、こちらはあくまでも頼んでいる立場ですので、様々な事情を説明し、発行してもらいましょう。流石に未だにそんな時代錯誤な事をやっている警察署は無いとは思いますが、もし「実績が無いと作れない」と言われたら「違法行為をして実績を作らないと免許を取れないのはおかしくないですか?」と率直に聞いてみましょう。「確かに個人で実績も無いですが、違法行為をしたくないので発行していただけると幸いです」なとと言っておけば、大概は通るはずです。

二万円で取れるから確実に取っておく

「自分はほとんど趣味のレベルだし」「わざわざそんなのを」といった方もいるかもしれませんが、事実上返却義務が生じずに二万円で更新なしで利用できるのですから、もしこうした中古品を扱ってみたいのであれば、とっておくのが懸命です。これをとっておいて、古物商のルールに従えば、やりたい放題やっていても怒られませんので、ぜひとも取っておきましょう。むしろ、二万円の投資なら、比較的早い段階で回収できる上、倍額以上を稼ぐことも容易いので、美味しい投資だと言えるでしょう。

元古本屋が語るリサイクルショップの運営攻略!